ダイカストとは?

  ダイカストは、金型(Die)による鋳物(Cast)の意味で、アルミニウム合金、亜鉛合金、マグネシウム合金、銅合金などの溶融金属を、精密な金型(キャビティ)に高速で充填し、高い圧力をかけて鋳造する金属加工法です。溶融金属とは、溶かして液体状態にした金属や合金のことで、鋳造では溶湯(ようとう)といいます。また、同方法により得られる製品もダイカストと呼ばれます。

          ダイカストは寸法精度が高く、滑らかな鋳肌を持つ鋳物を短時間で大量に生産できます。また、強度に優れ、機械による仕上げ工程が少ないといった特徴があり、自動車関連を中心にOA機器、家電用品、建築用品などの構造部品、機能部品として広く使用されています。

ダイカストの特徴

  他の鋳造加工製品と比べたダイカスト製品のメリットは、高い寸法精度、美麗な鋳肌、薄い肉厚、微細な鋳造組織、高い強度、高い設計自由度、鋳込み金具が使用できる、ニアネットシェイプ化(材料を最終形状にするための仕上げ作業をほとんど必要としないこと)などです。それぞれについて解説します。

・高い寸法精度

 ダイカスト製品は、高い寸法精度を有します。

・美麗な鋳肌

ダイカストは、溶融金属を金型キャビティに充填した後に、30~70MPaの高い圧力をかけるため、美麗で平滑な鋳肌が得られます。

・薄い肉厚

ダイカストの肉厚は、小物ダイカストで0.8~3.0mm、大物ダイカストで2.0~6.0mmです。ただし7mm以上になると、鋳巣などの内部欠陥が多く発生します。

・微細な鋳造組織

ダイカストは、砂型鋳造や金型鋳造に比べて冷却速度が速いため、より微細な鋳造組織が得られます。

松裕興ダイカストのホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。製品に関するご質問など、お気軽にお問合わせください。

✉メールアドレス[email protected] [email protected]

Whatsapp/Skype/Wechat: +86 13650118410

ダイカストの長所と特徴

アルミニウム・亜鉛・マグネシウム・銅などの合金を金型内に圧入し、瞬時に成形する特殊な鋳造品がダイカスト(ダイキャスト)です。

精密な寸法・正確な仕上がり、美しい表面、優れた技術を持つ複雑な形状の製品が大量生産できるため、その価値は金属加工業界の中でも高く評価されています。

アルミダイカスト(ダイキャスト)製品は安価・軽量かつ、再利用しやすい材料として注目を集めています。

そのため各自動車メーカーは車体の軽量化をめざし、アルミダイカスト(ダイキャスト)製品でも薄肉製品を積極的に採用するようになってきています。

 

当社には以下の3つのコスト削減の特徴があります。

特徴1:小型マシンにて鋳造できる

他社では500~800tクラスのマシンで鋳造する事例でも、当社ではわずか350tのマシンでの鋳造が可能。当社の蓄積されたノウハウと高い技術力が際立つ場面です。

特徴2:製品重量比率向上による材料消耗の削減

当社でダイカスト(ダイキャスト)製品を製造すると、最小限のオーバーフローで済みます。ムダなオーバーフローをなくしたり、効率よくガス抜きできるノウハウがあるので大幅なコスト削減を実現します。

特徴3:外寸の取付寸法の標準化によるコスト削減

金型の寸法を均一化することで、ムダな金型や材料の出し入れ作業をカットしました。これにより作業効率が大幅にアップし、人件費を削減。ムダ・ムラ・ムリをなくすことで、お客様のコスト削減に貢献します。

製造事例

電気自動車部品、二輪車部品、LEDフラッドライト部品、LED舞台レンタルスクリーン部品、通信部品、家具部品、農機具部品など。

電気自動車部品

二輪車部品

LEDフラッドライト部品

LED舞台レンタルスクリーン

通信部品

家具部品

農機具部品

 ダイカストのプロとして、ご要望を的確に捉え、迅速に対応いたします。

ダイカスト材料の特徴

ダイカストで最も多く使用されているアルミニウム合金は軽く、強度があり耐食性に優れており、用途も広くあらゆる分野で使用されています。

◆融点が低いので、薄肉にすることが可能
◆金型の寿命が長い為、安定供給が可能で製品コストを安くすることが可能です。
◆寸法精度が良く、複雑な形状も可能

重量比強度、剛性が鉄より優れた素材でもあります。アルミ合金と比較しても、30%以上比重が小さくなりますので、その分軽く、また寸法安定性が優れた合金でもあることから光学部品、電子部品などの精密部品にも使われます。なお、溶接には向きません。

ビデオ

中国ダイカスト工場

Online Service
Live Chat